生誕31周年企画スタート!?1ヶ月間九州・宮崎で釣り武者修行!

島流しサムネイル
The following two tabs change content below.
た~にゃん
1985年生まれ。愛知県出身。小学校5年生の時にバス釣りにハマった、釣歴約20年のアングラー。一時期はパッタリ釣りに行かなくなるも、香川の大学に進学したことをキッカケにバス熱が再燃。就職が決まってからは高松市内の釣具店でバイトを始め、様々な釣りに幅を広げる。中でもソルトウォーターフィッシングの魅力に取り憑かれ、毎日のように海に通う生活を送る。現在はフリーのウェブマーケター兼ウェブクリエイター、NPO法人の代表理事を務めながら、「初めての魚釣りプロデューサー」として、釣り初心者に向けた情報発信やイベントも開催している。

こんにちは!

初めての魚釣りプロデューサー、た~にゃん(@taaaanyan1208)です。

私事で恐縮ですが、本日31歳になりました!

お祝いのメッセージをくれた皆様、本当にありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

 

さて、今回こそはHSPInfectコラボ企画(前回の様子はコチラ)の続き…

をお届けしたい気持ちは山々なんですが(←本当か?w)、今日もまたちょっと別の話題をお届けさせて頂きたく。

というか、どうしても誕生日の今日発表したい企画があるんです!

31歳一発目にして、自分史上最大の(?)企画。

それでは早速いってみましょ~!

俺、釣り下手なんじゃね?

いやぁ、最近思うんですよ。

「俺、釣り下手なんじゃね?」って。

と言いますのも、

8月、館山のショアジギングでボーズ。

9月、江戸川のハゼ釣りは終了間際に滑り込みで数匹。

10月、伊豆のエギング、ボーズ。

11月、伊豆のロックフィッシュゲームで外道のネンブツダイ3匹、館山のロックフィッシュゲームで外道のクロムツ3匹。

そうなんです。

狙った魚がほぼ釣れてないんです!

いや、今までも薄々は気付いていたんですよ。

でも、人間って現実を直視するの苦手じゃないですか?

僕も、ご多分に漏れずそうだった訳で。

しかし、いい歳こいたおとなが、いつまでも逃げてばかりではいけない!

気付いちゃったからには、何かせにゃならんだろうと思ったわけです、はい。

人間は環境の生き物

釣りは本当に好きだし、一生続けていきたい。

そして、何より、もっともっと上手くなりたい!

ここで問題です!

釣りが上手くなるにはどうしたら良いでしょうか?

答えは昨日の記事にも書きましたね。

練習するしか無いんですよ。

実は僕、大学時代の4年間、四国の香川県(高松市)に「島流し」にあってました。

(↑香川の大学に進学しただけですw)

その時は原付きで10分走れば海で釣りができたんです。

お陰さまで就職が決まってからは、

夜10時半から深夜2時まで釣り→新聞配達のバイト→家で3時間寝る→釣具屋のバイト→夜の10時半から釣り

みたいな生活を9ヶ月間してまして、この時に今のベースができたんですね。

「練習するなら、あの時と同じくらい釣りができる環境に身を置かないとだよなぁ…」

そんな事を考えてた僕に、面白い情報が舞いみました。

きゅ、九州ですか!?

その情報を僕にくれたのは、奥さんのお父さん(僕のお義父さん)。

なんでも、お義父さんの出身地である宮崎県高鍋町が、移住斡旋の取り組みの一つとして、一定期間「無償」で住宅を貸してくれるという取り組みをしているとのこと。

早速google先生で調べてみると、

お試し滞在

役場のホームページにもバッチリ掲載されてる。

僕にとっては未開の地だけど、展開としてはなかなか面白いぞ!

人生2回目の「島流し」

九州。

就活で一度福岡に行ったことはあるけど、それ以外では今まで全くご縁がなかった土地。

勝手なイメージでは、暖かい、食べ物が美味しい、醤油が甘い、味噌は麦味噌、っていうくらい。

(↑ほぼ食べ物!w)

けど、将来的には田舎で暮らしたいっていう希望もあるし、何よりこのタイミングでこういう情報が入ってきたのはきっと何かの巡り合わせだ!

そんなこんなで、勢いに任せて応募してみたところ、

決定通知

決定通知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ということで、私、年明けの1月5日から、九州は宮崎県高鍋町へ、1ヶ月弱に渡る武者修行に行ってまいります!

(1月31日に帰京予定。)

東京よりも温暖な宮崎の海で、一体どんな釣りができるのか?

四国の海とはどう違うのか?

今からワクワクです。

たかが1ヶ月、されど1ヶ月。

現地にいる間は釣りの量もそうですが、動画撮影や編集、記事のライティングもどんどん増やして、そっちも修行したいと思ってます。

年明けからの「た~にゃん’s fishing school」にぜひご期待ください。

最後に告知

先程もちょこっと触れましたが、僕は将来的に田舎(地方)に拠点を構えたいという願望を強く持っています。

今回はその第一歩として高鍋町の制度を利用させて頂くことにしました。

で、ただ行って釣りをするだけでは面白くないので、僕が短期移住をしてみて感じたことや、「移住あるある」的なものを、ブログで発信することにしました。

こちらがそのブログ用に作ったロゴです。

miyako-ori

「都下り(みやこおり)」と読みます。

「都落ち」という言葉を能動的な言い方にもじって作った造語です。

(ブログ自体はまだ公開できていないのですが、近いうちにアップできると思います。)

「釣りのある暮らし」&「田舎での暮らし」を1ヶ月間全力で楽しんできます。

その楽しさをブログを通じてお届けできればと思いますので、ぜひ温かく見守ってください。

 

それでは、皆さんも楽しい釣りを!

島流しサムネイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

た~にゃん

1985年生まれ。愛知県出身。小学校5年生の時にバス釣りにハマった、釣歴約20年のアングラー。一時期はパッタリ釣りに行かなくなるも、香川の大学に進学したことをキッカケにバス熱が再燃。就職が決まってからは高松市内の釣具店でバイトを始め、様々な釣りに幅を広げる。中でもソルトウォーターフィッシングの魅力に取り憑かれ、毎日のように海に通う生活を送る。現在はフリーのウェブマーケター兼ウェブクリエイター、NPO法人の代表理事を務めながら、「初めての魚釣りプロデューサー」として、釣り初心者に向けた情報発信やイベントも開催している。